膣トレやインナーボールで尿漏れが改善する簡単な理由

私はこのような膣トレのサイトを運営しているのですが、実は結構な数「膣トレは尿漏れに効きますか?」という質問をいただきます。
確かに尿漏れほど友達に相談したり、病院へ行きにくいことはなかなかありませんよね(笑)

いただくご相談を少しご紹介すると

  • 尿の匂いが他人にも気付かれてしまうのではと、不安で仕方ない
  • 今まで友達の前では頑張って誤魔化してきたけど、これから生きていく上でそれを気にしながら生きていくのはつらいです。
  • 仕事中も心配で集中できない。
  • 高校に入学すれば合宿や泊まりの遠足も増えてくるので、本気で改善したい
  • 薄い色のパンツを履けないのがつらい
  • 下着を洗っても、汚れが取れないのがイライラする
  • 外出時は下着の替えを必ず用意しているけど、面倒で仕方がない
  • 頻繁にお尻を触って確認してしまう
  • 泊りの旅行や温泉にも行けなくてつらい

などなど…。

 

尿漏れって年齢や出産経験に関係なくなりますし、放っておくとどんどんひどくなるもの。
「手術でしか治せません!」とお医者さんに言われる前に、ぜひ膣トレで尿漏れ予防を始めましょう!

(ちなみに尿漏れをサプリで予防する方法もあります。
詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

⇒1カ月で8割の人が改善した尿漏れの対策方法って?


スポンサードリンク
膣トレ

尿漏れは膣トレで改善する?⇒こういった症状なら

結論から言うと、尿漏れは膣トレ(=骨盤底筋体操)で予防できます。
それはなぜかというと、尿漏れの原因が、「骨盤底筋」という尿道を締めるときに使う筋肉が緩んでいるのが原因だからです。

(矢印の部分が骨盤底筋で、膀胱を締める部分にまたがっています)

ただし尿漏れにもいくつか種類がありまして、膣トレで対策出来る尿漏れと、できないタイプがあります。

以下に当てはまる尿漏れなら、膣トレで予防できますよ!

  • 急におなかに力が入ったときに尿漏れする(驚いたとき、立ちあがったとき、笑ったとき、くしゃみをしたとき、咳をしたとき、泣いたとき、運動やスポーツをしているとき、ジャンプしたとき、重い物を持った時、座ったとき、寝転がろうとしたとき、寝返りしたとき、大声を出した時)
  • トイレに行った後に尿を出し切っているのに尿漏れする(下着やパンツを履こうとしたとき、立ち上がろうとしたとき、しばらくした後、椅子に座ろうとしたとき、手を洗うとき)
  • 何もしていないのに、感覚がないのに尿漏れしている(気づいたら下着が濡れてる、染みや、脚に伝って初めて気がつく、いきなり・ふとした時に水のようにスッ――と垂れる)
  • お風呂の湯船から立った時、お風呂上りに尿が漏れる
  • 突然、我慢出来ないほどの強烈な尿意に襲われる(家の前についたとき、家に入った瞬間、トイレに入った瞬間など※垂れ流しのようになる人も多い)

 

これらのタイプは尿意切迫感、切迫性尿失禁、腹圧性尿失禁などと言いますが、尿道を締める力が弱いのが原因で起こっています。
なので膣トレや骨盤底筋体操をすれば改善しますよ!

逆に言うと、ほかの尿トラブルである

  • おしっこが近いとか
  • おしっこをしたのに、出し切った感じがしないとか
  • おしっこが出るまでに時間がかかったり、おしっこに勢いがない

これらは別の原因があるので、膣トレや骨盤底筋体操では治りません。

尿漏れのために膣トレをしている方はたくさんいる

せっかくなので、尿漏れ対策のために膣トレをしている・しようとしている方の声もご紹介しておきます。

どれくらいの期間膣トレすれば、尿漏れが改善する?

どれくらいの期間、膣トレや骨盤底筋体操をすればいいかですが…。
2週間~2か月ほどです。

どうしてこんなに差があるのかというと、骨盤底筋体操や膣トレにはいくつか方法があるからです。
その方法を以下の記事でご紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

2週間後にはピタッと尿漏れが止まる膣トレの方法はこちら

膣トレ初心者に一番売れてるインナーボールをレビュー

  • 日本人の膣用に作られているから、サイズがぴったりで痛くない
  • 医療用シリコンのエラストマー素材で触り心地はソフト&スベスベ
  • 医療用素材だから入れっぱなしでも衛生面は安心
  • 簡単に丸洗いできるし、しっかりしていて壊れにくい
  • 膣トレ初心者には定番中の定番

というLCインナーボールを1年間使ってみました。

⇒一番売れてるインナーボールのレビュー記事はこちら