インナーボールが入らない・落ちないなどのトラブル解決法まとめ

インナーボールを使うと、通常だと数か月かかる膣トレが、数週間で効果を感じられるというメリットがあります。
でも膣トレボールの種類はいくつかあって、選ぶのが難しいんですよね…。

そして皆さんはじめは、海外製の少し安いインナーボールを選ばれます(私もそうでした)。
でも海外製のインナーボールって日本人の膣には少し合わなくて、いろいろ問題があることが多いんです。

 

でもそれに気が付かずに、(私はインナーボールが使えない体なんじゃないか…)と思ってしまう方が多いんです。
それは本当にもったいない!

悪いのはインナーボールで、あなたの膣ではありません(^^;)

ということで、インナーボールにありがちなトラブルと、解決方法についてご紹介します。

インナーボールが膣に入らない・きつい

おそらくインナーボールのトラブルで一番多いのがこれです。

原因は大きく分けて2つありまして、

  • 一つは単純に、インナーボールが大きいから
  • もう一つは、中が濡れていないのにインナーボールを入れようとしているから

この2つです。

海外製の膣トレボールは大きい

膣トレグッズは海外でも話題で、インナーボールも海外で生産されているものがほとんどです(カナダなど)。
そしてこのインナーボール、海外製の場合は日本人の膣には大きすぎることもよくあるんです。

こういう場合は、国産の小さめの日本人向けに作られたインナーボールを選ぶ方がよいです(例えばこちら)。
インナーボールがきついなと思ったら、無理せず小さめのものを使ってみてください。

ローションなどを使ってから、インナーボールを使う

インナーボールが入らないときは、中が濡れていないのに使っていることが原因のこともよくあります。
そういう場合は、中を濡らしてから使うようにしてくださいね。

インナーボールが膣から落ちてこない

これには大きく分けて3つの問題があります。

  • インナーボールが大きいから
  • 中が濡れていないから
  • インナーボールが重くないから

です。

一つ目と二つ目はさきほどご紹介しましたので、三つ目についてご紹介します。

インナーボールは重くないと効果がない

そもそもインナーボールの仕組みの一つに、”インナーボールが重いから膣から落ちそうになるので、それを落ちないように膣を締める⇒インナーボールをもとの位置に戻す”というものがあります。
つまり、そもそもインナーボールは重くないと、膣トレの効果はないんです。

それが安価なものだとインナーボールの形をしているだけで全く重くなく、インナーボールが落ちてこないことがあります。
インナーボールは、しっかり重さのあるものを使うようにしてください(例えばこちら

インナーボールが抜けない時の応急処置方法は?

インナーボールは基本的に先端にひもがついているので、それを引っ張れば抜けます。
ただし紐がついていなかったり、紐がついていてもきつくて抜けない時は、ローションやボディーソープを使いましょう。

逆にインナーボールが膣から落ちる場合は何が問題?

逆に膣からインナーボールが落ちてしまう場合は、それは

  • 膣が緩い
  • 膣の締め方が分からない
  • 膣を締め続けられない
  • 膣の奥までしっかり入れていない(or膣にフィットしない形をしている)

このどれかが理由です。

私も初めは膣が緩すぎて、インナーボールが下に落ちてしまうことがよくありました。

 

こういう場合は、しばらくは横になって膣トレをすると良いですよ。
詳しくは、以下の記事でご紹介しています

⇒インナーボールが落ちない、横になってする膣トレ方法はこちら

 

ちなみにインナーボールが落ちる問題は、膣トレを続けていると次第に解決していきます。
指一本でもきついくらいにキュッと締められるようになりますから、はじめは(こんなことして意味あるのか…)と思うかもしれませんが、根気よく続けてみてください!

インナーボールが痛い

インナーボールを使う上で痛みを感じることは、大きく分けて2つあります。

  • 膣トレをして、筋肉痛や腹痛のようなものを感じる
  • 膣そのものが痛い

この2つです。

インナーボールで膣トレすると筋肉痛や腹痛がする

これは、これまで鍛えてこなかったインナーマッスルからくる筋肉痛ですね。
膣トレをするなら、避けられない痛みです。

膣トレは基本的に毎日10~15分するものですが、それでも筋肉痛に耐えられない場合は、個人のペースで休みの日を作ったり、一日5分にしても何も問題はありません。
あせらずゆっくりやっていきましょう!

膣の中が痛い場合は、インナーボールの「バリ」が原因かも

例えば海外製の安いインナーボールを使っている場合、ゴムの継ぎ目がバリになっていることがよくあります。
手に取ってみてみるとそこまで大きなでっぱりでなくても、膣は敏感ですし、膣を締めるときに膣内でこすれるため、続けていると痛くなることがあります(ひどいバリでは出血することも!)

インナーボールを買われる際には、商品画像をよく見てバリがないかチェックしてみてください。

 

ちなみに私が使っているインナーボールは

  • 国産でバリがなく
  • 日本人向けに作らているので膣に出し入れしやすく
  • 素材が医療用シリコンのエラストマー素材で、使い続けても衛生面はばっちり

という特徴があります。

以下の記事で詳しくレビューしているので、「安心して長く使えるインナーボールが欲しい!」という場合には、ぜひ読んでみてください。

⇒日本人用に作られた、スベスベ素材のインナーボールをレビュー

膣トレ初心者に一番売れてるインナーボールをレビュー

  • 日本人の膣用に作られているから、サイズがぴったりで痛くない
  • 医療用シリコンのエラストマー素材で触り心地はソフト&スベスベ
  • 医療用素材だから入れっぱなしでも衛生面は安心
  • 簡単に丸洗いできるし、しっかりしていて壊れにくい
  • 膣トレ初心者には定番中の定番

というLCインナーボールを1年間使ってみました。

⇒一番売れてるインナーボールのレビュー記事はこちら